SAMPLE SEARCH

ご寄付のお願いRequest for donation

「あさ風」の由来

「あさ風」創刊号は2010年7月に草の根サッカーを支援する冊子として誕生いたしました。
「あさ風」という名称は、浅見俊雄先生が『日の出後、海岸で陸上から海上へ、山間で山頂から谷へ吹く風、という意味があり、背の高い大人から小さい子供へのそよ風とも取れます。またはやぶさの異称という意味もあって、俊敏で鋭いという サッカーに必要な動きのイメージもあります』ということで命名頂きました。
9年間の活動で会員数も150名を越え、メールによる情報発信も2000名を越えると思われます。より公共性の高い事業を展開するために、2016年4月18日にNPO法人としてスタートしました。(2019年6月現在)

主な事業は、

  • 草の根サッカーの振興・発展に関する出版事業

  • 草の根サッカーの振興・発展に関するホームページの運営、情報発信による普及啓発事業

  • 草の根サッカーの振興・発展に関する講演会・セミナー等の開催による文化的交流事業

  • 草の根サッカーのチーム間の交流、会員間の交流事業

  • 草の根サッカーの資料の保存に関する事業

活動は正会員と賛助会員の方の年会費と寄付金で運営されていきます。 草の根サッカー文化の振興、発展に寄与すべく、活動を続けていきたいと思います。 多くのみなさまのご支援をお待ちしています。